2018

7 | 7   SAT
 ◀
2018-7
 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20
 ◀2017
◀6
2018 | 7 | July
8▶
2019▶ 
SUNDAY MONDAY TUESDAY WEDNESDAY THURSDAY FRIDAY SATURDAY
1 7
8 14
15 16 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  •  ピエール・カルダン

    • 1922年(96歳)
    • 出身地:フランス
    • ファッションデザイナー
  •  リンゴ・スター

    • 1940年(78歳)
    • 出身地:イギリス
    • 歌手(元The Beatles)
  •  研 ナオコ

    • 1953年(65歳)
    • 出身地:静岡県
    • 歌手
  •  横山 剣

    • 1960年(58歳)
    • 出身地:神奈川県
    • 歌手(クレイジーケンバンド)
  •  堤 真一

    • 1964年(54歳)
    • 出身地:兵庫県
    • 俳優
  •  Misia

    • 1978年(40歳)
    • 出身地:福岡県
    • 歌手
  •  石本 沙織

    • 1980年(38歳)
    • 出身地:富山県
    • アナウンサー(フジテレビ)
  •  滝沢 沙織

    • 1981年(37歳)
    • 出身地:長野県
    • 女優
  •  生田 衣梨奈

    • 1997年(21歳)
    • 出身地:福岡県
    • アイドル(モーニング娘。)

More

2018年7月7日

  • No.1

    人生の喜びを再発見できる日。気分がポジティブになって、自然に楽しいことや、自分を幸せにしてくれるものを探すようになります。お気に入りのカフェに寄る、デパ地下でおいしいものを買って帰るなど、小さな喜びがどんなに大切かを実感できるでしょう。今日はクリエイティブなセンスもさえるので、写真やイラスト、楽器演奏などに挑戦してみては?その挑戦が先に繋がりそう☆☆

  • No.2

    好きなもの、得意なものに集中して取り組みたい日。可能であれば、電話やメールなど、あなたのペースを乱すものから距離を置くなどして、自分の時間を確保して。そうやって集中して取り組むことができれば、これまで眠っていた部分が刺激されて、意外な才能が目覚めそう。同時に、ネットの投稿サイト、同好の士が集まっているSNSなどを利用して、あなたの作品を発表してみましょう。

  • No.3

    柔軟な姿勢がツキを呼び込む日。固定観念をもたずに物事に対処していくと、おもしろい体験や発見があるでしょう。「このケースはこう対処すべき」とか「普通はこうでしょう」などと決めつけず、その場の状況に応じて自由に方法や考え方を変えていってください。多少の冒険心も今日ならプラスに働きます。また、対人関係は、来るものは拒まずの博愛主義に徹しましょう。良い方向に物事が進みそうです!

  • No.4

    期待したことが、実は、それほどでもなかったと判明しそうな日。残念ですが、あなたの思い込みもあったのかもしれません。でも、じっくりとその対象を見ると、評価すべき点やおもしろみが見つかるでしょう。また、トラブルになりそうな物事や人間関係は、友だちや仲間のサポートを頼りにして。ただ、サポートといっても、主体はあくまであなた。友だちにあなたの代わりを務めてもらうのではなく、そばにいてもらったり心のうちを聞いてもらったりすると心強いはず。

2018年7月7日

  • 1687年

    (331年前の出来事)

    七夕 旧暦の7月15日の夜に戻って来る祖先の霊に着せる衣服を機織して棚に置いておく習慣があり、棚に機で織った衣服を備えることから「棚機」という言葉が生まれた。その後仏教が伝来すると、7月15日は仏教上の行事「盂蘭盆(盆)」となり、棚機は盆の準備をする日ということになって7月7日に繰り上げられました。 これに中国から伝わった織女・牽牛の伝説が結び附けられ、天の川を隔てた織姫(織女星、こと座のベガ)と彦星(牽牛星、わし座のアルタイル)が年に一度の再会を許される日とされています。

    皆さんは短冊に何とお願いしましたか??…年に一度、織姫と彦星が再開できる…ロマンチックな日ですね♪♪

  • 1919年

    (99年前の出来事)

    カルピスの日 1919年のこの日、ラクトー(現在のカルピス)が乳酸菌飲料のカルピスを発売したことが由来です。

    年中カルピス飲みますが、やっぱり夏に飲むカルピスは格別ですよね(^_^)/

  • 1981年

    (37年前の出来事)

    ゆかたの日 七夕の日、女の子は色の附いた糸を結び、7本の針と瓜を供え、裁縫の上達を祈り、衣類に感謝していたという中国の故事に因んで。 若い人たちにも、ゆかたの美しさを見直し親しんでもらうきっかけにしてもらおうという狙いもあるっそうです。

    なかなか普段ゆかたを着る機会はないかもしれませんが…着心地も良く快適なんですよね☆ ゆかたを着て花火大会でも行きたいですね♪

Hanaちゃん

スクロールすると 2018年7月6日 へ移動します