2019

1 | 12   SAT
 ◀2018
◀12
2019 | 1 | January
2▶
2020▶ 
SUNDAY MONDAY TUESDAY WEDNESDAY THURSDAY FRIDAY SATURDAY
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 19
20 26
27 31
  •  シャルル・ペロー

    • 1628年
    • 出身地:フランス
    • 詩人
  •  ムッシュかまやつ

    • 1939年(80歳)
    • 出身地:京都府
    • 歌手
  •  村上 春樹

    • 1949年(70歳)
    • 出身地:兵庫県
    • 作家
  •  楠田 枝里子

    • 1952年(67歳)
    • 出身地:三重県
    • タレント
  •  井上 雄彦

    • 1967年(52歳)
    • 出身地:鹿児島県
    • 漫画家
  •  澤登 正朗

    • 1970年(49歳)
    • 出身地:静岡県
    • 元プロサッカー選手
  •  幸 英明

    • 1976年(43歳)
    • 出身地:鹿児島県
    • 騎手
  •  中谷 美紀

    • 1976年(43歳)
    • 出身地:東京都
    • 女優
  •  藤巻 亮太

    • 1980年(39歳)
    • 出身地:山梨県
    • 歌手(レミオロメン)
  •  田中 美保

    • 1983年(36歳)
    • 出身地:東京都
    • ファッションモデル
  •  イモト アヤコ

    • 1986年(33歳)
    • 出身地:鳥取県
    • タレント
  •  村田 諒太

    • 1986年(33歳)
    • 出身地:奈良県
    • ロンドンオリンピック金メダリスト
  •  光井 愛佳

    • 1993年(26歳)
    • 出身地:滋賀県
    • アイドル(元モーニング娘。)
  •  小林 亜実

    • 1993年(26歳)
    • 出身地:愛知県
    • アイドル(元SKE48)

More

2019年1月12日

  • No.1

    物事がスムーズに進んで、幸せに過ごせそうな日。これまで、いろいろな出来事を乗り越えてこられた背景には、いつもあなたを大切に思ってくれている人の存在があったのではないでしょうか? 実際に言葉で語られることがなくても、意外なところで誰かがあなたの幸せを祈っているもの♪♪

  • No.2

    今日は、普段なかなか伝えられない感謝の言葉を伝えたい日。いつでも伝えられるからと思わずに、あえて言葉や態度に表すことは大事なのだと意識してください。家族や友人、大切なあの人に……ありがとうのひとことでもいいのですよ。

  • No.3

    穏やかな気持ちで過ごせそう。会話をするときには、ややスローペースで話しましょう。はきはきとした口調とゆったりしたペースが、相手の心をほぐすでしょう。たとえ、相手が威圧的な態度を取っていたとしても、すぐに変わります。また、伝統芸能の世界に触れると、新鮮な体験ができそうです。

  • No.4

    日ごろ、お世話になっている人にお返しをしましょう。感謝を目に見える形で伝えると、運気がアップします。昔、お世話になった人と疎遠になっている場合は、久しぶりに連絡してみてください。旧交をあたためるのにもいい日です。また、好きな人には、プレゼント作戦が有効!!

2019年1月12日

  • 1911年

    (108年前の出来事)

    スキーの日 スポーツ用品メーカー・ミズノの直営店・エスポートミズノが制定しました。1911年のこの日、オーストリアのレルヒ少佐が新潟県の高田陸軍歩兵聯隊の青年将校にスキーの指導を行い、日本人が初めてスキーを行った事が由来です。

    意外と日本のスキー文化って古かったんですね!!雪山の事故が多発してますので、安全確認・十分な防寒などしっかり心掛けましょう☆

  • 1914年

    (105年前の出来事)

    桜島の日 1914年のこの日、鹿児島県の桜島で、史上最大の大噴火が起こりました。35人の死者を出し、流出した熔岩によって対岸の大隅半島と地続きになったそうです。

    活火山はいつ何時噴火するか分からないので恐怖ですよね…。天災は防ぎようがないのかもしれませんが、日頃から防災意識をもって水分・食糧を備蓄したり、避難場所を家族で確認しておくなど、いまできることをしましょう!!

  • 1988年

    (31年前の出来事)

    日本医師会の生命倫理懇談会が、脳死を個体死と認め、脳死段階での臓器移植を認める最終報告書をまとめました。

    皆さん臓器提供意思表示カード、通称ドナーカードはお持ちですか??不謹慎な話かもしれませんが、現状日本では臓器提供意思表示カードで自らの意思を伝えない限り臓器移植はできません。臓器移植を待っている患者さんの為にもできるだけ臓器提供意思表示カードを持ちましょう。

スクロールすると 2019年1月11日 へ移動します